News / Column

How to use - キャッツベスト 長持ちのコツと上手な処理方法 -

キャッツベストの、長持ちのコツと上手な処理方法をご紹介いたします。

●お手入れ

①はじめに
ペットの体型にあった容器に5~7cm位の厚さで平らに敷き詰めます。
粉が舞わないようゆっくりと注いでください。

②固まりを捨てるだけ
キャッツベストは木製ながら、抜群の吸水性で固まる猫砂です。スコップ等で固まりだけを取り除いてください。

【お手入れ簡単】
キャッツベストはその抜群の吸水性で、おしっこを含んだ砂の部分だけをキレイに固めます。トイレの底がおしっこまみれにならずお手入れも簡単、全交換もほぼ不要です。

●廃棄方法

【全交換時の処理】
猫砂を完全に入れ替える場合は、燃えるゴミとして処理するか、コンポスターで処理すれば肥料としてお使いいただけます。
※お住まいの地域のゴミ捨てルールをご確認ください。

【トイレに流せます】
キャッツベストは植物由来で水溶性の凝固剤を使用。1日分程度の少量の固まりであれば、トイレに直接流して簡単に処理できます。完全に流れるまで、数回に分けて流してください。

水洗トイレの構造等の状況により違いはありますが、必ず次の事項を守って処理してください。
・水洗トイレに流す1回の分量は必ず45ml以下(幼児のこぶし大)にし、1度に多量に流さない。
・多量に流す場合は必ず45ml以下に分けて処理し、1回おき(交互)に水だけを流す。
・トイレの詰まりの原因になるため、多量のトイレットぺーパーと一緒に流さない。
・和式トイレに流す場合は、前方の水溜りに流す。
・1度にまとめて処理する場合は、トイレに流さず燃えるゴミとして処理をする。
・長時間放置して硬く固まった猫砂は、絶対に水洗トイレに流さない。